遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0095] 漢方薬の効能

<<   作成日時 : 2013/03/12 21:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 遷延性意識障害の直接の薬物療法というのはまだ確立されたものはないのですが、痙攣を抑えたり、筋肉のこわばりを緩和したり、また長期伏臥による内臓疾患の治療や胃腸の働きを整えたりといった対処療法的な薬物がいくつか処方されます。一方で、多くの慢性疾患では漢方薬が重要な選択肢として使われていて、これは病気の原因に直接働く西洋薬に対して、身体のもつ自己回復力を高めて病気を治癒するという漢方薬の考え方が特に治りにくい慢性疾患に向いているとされるからだと思います。また副作用も少ないため(全くないわけではない)長期服用が可能であることも漢方薬の良いところです。

 妻の場合も入院中から漢方薬を試してみたいと思っていて、医師にも相談したことがありますが、慢性期病院の入院では薬の追加は病院側の持ち出しになるためだと思いますが、ここではできません、在宅になったらやって下さい、というような回答でした。

 在宅になって、特に緊張が強い時は異常発汗、顔や上半身のほてり、手足は冷たいという症状が度々あり、本人も辛そうで結構やっかいでした。このような症状は更年期の不定愁訴に似ているし、年齢的にまだ早いとしても生理前症候群のひとつであるようにも感じていたので、まずは生理前の異常発汗、ほてりの緩和を目標として漢方薬を試してみることにしました(他の患者さんを見ていても緊張が強く異常発汗があることは遷延性意識障害の共通の症状のようにも思えます)。生理前症候群にはいくつかの漢方処方がありますが、ファーストチョイスとして“加味逍遥散”を試してみました。飲み始めてすぐにほてりが緩和され効果が感じられましたので続けて服用しました。症状は良くなったりまた悪くなったりを繰り返しながら徐々に良い方向へ向かいました。1年以上続けましたが、異常発汗の頻度は少なくなり、生理も3週間周期だったのが4週間になりました。

 漢方薬の効能に一定の手応えを感じましたので、次は脳の働きを良くするような漢方薬があればと思っていたところ近年認知症の治療にも漢方薬が使われているということがニュースになっていました。釣藤散という漢方薬も認知症治療の臨床試験が行われたことは知っていましたが、最近、小児の夜泣きに用いられる“抑肝散”が認知症に一定の効果が得られていると言うことでした(抑肝散にも釣藤鈎が含まれています)。認知症と低酸素による脳の障害とはかた違うかも知れませんが、脳の神経細胞を活性化するという点では共通した効果があるのではないかと解釈しました。抑肝散は自律神経の失調、神経の過敏、更年期障害にも使われる処方で、特に夜間神経過敏で緊張が強く眠れないような症状に良いとのことで、これも妻の異常発汗、筋緊張、特に夜間眠れなくて神経過敏の状態にも見えましたので、これに当てはまると解釈して抑肝散の大人用処方である抑肝散加陳皮半夏を処方してもらいました。

 加味逍遥散を抑肝散加陳皮半夏に切り替えてしばらく経ちますが、特に目立った変化はありませんが、途中から始めたボツリヌス療法の効果もあってか異常発汗は全くなくなっています。いつもベッドにはエアコンマットを敷いて背中の熱を逃がしていましたが、これももう全然使わなくなりました。これもボツリヌス療法を始めた時期とも重なりますが、体温がずっと37度台だったのが36度後半になりました。自律神経系の調節作用があるように思えます。脳の活性化については効果は定かではありませんがもう少し続けてみたいと思います。

 経管栄養は人の身体に必要最小限のいわば宇宙食のような食事です。無駄なものは入っていないのですが、ヒトは元来雑食で多品種の食材を食べると健康に良いと言われています。少し前に1日30品目食べましょうということが推奨されていましたが、経管栄養だけで本当に良いのかなと言う気持ちがずっとありました。その点、漢方薬は自然の薬草を混ぜて煎じたものなので微量元素や植物ポリフェノール、多糖類など栄養成分表には載っていない、でも身体に良いとされる多くの成分を含んでいます。そういった意味でも経管栄養患者に漢方薬を組み合わせることは自然の食事に近づける良法ではないかと思います。いわば野菜ジュースや青汁感覚でもあります。

 抑肝散加陳皮半夏の効果をしばらく見極めて、次は体力をつけて免疫力、自然治癒力を高めるとされる補剤と言われる処方(補中益気湯、十全大補湯、六君子湯、人参養栄湯など)を続けていきたいと思っています。

 医療用の漢方製剤は顆粒になっているのですが、意外に溶けにくいです。漢方薬は食前に服用しますので、経管栄養の際に30分くらい前からあらかじめ50℃くらいのお湯で溶かしておきます。十分ふやけたところでシリンジで注入します。一度お白湯で洗い流して経管栄養を始めます。胃腸の働きも良くなるようです。
画像


 お陰様で妻の風邪もすっかりよくなって以前の調子を取り戻しています。熱は1日だけでしたが、痰が完全に切れるまでに2週間かかりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私の主人も違う目的で、時折漢方薬が処方されています。
体温が36度後半から37度台(倒れる前の平熱が35度台)なので、かなりきついのではないかと感じております。
一度先生に相談してみたいものですが…。果たして素人が口を出して良いものなのか…ためらってしまいます。
沙羅
2013/03/13 20:26
沙羅さま
別の目的でもすでに漢方薬が処方されているのであれば可能性はあると思います。
医者は素人の口出しにはいい顔をしませんので話の持って行き方は難しいかも知れません。
うまく証が合えば体温調節などの自律神経系の不調には効果はあると思います。
在宅になれば薬局でOTCの漢方薬を買って試してみる手もあります。漢方薬局だと合いそうな薬を選んでくれるはずです。
福寿草
2013/03/15 23:05
はじめまして、初コメントさせて頂きます。たまたまこちらのブログ拝見させて頂きました。私は両親とともに介護事業所を在宅•施設とも経営しており、ブログの内容すごく勉強になりました。利用者さまにも四肢麻痺の方や遷延性意識障害の方など重度の方もいらっしゃり、もっと私たちに出来ることはないかといつも自問自答しております。懸命に奥様を思われてる様子が伝わり、私たち事業者も他人ではありますが真心こめて利用者さまの介護をしていかねば、原点を振り返ることが出来ました。主さまと奥様に少しでも実りあるときが続きますよう、心よりお祈り申し上げます。失礼いたしました。
しょうへい
2013/03/17 14:00
しょうへい様
有り難いコメントをありがとうございます。
介護事業所を経営されておられるとのことで、私はこれまではそのような世界とは全く縁の無い暮らしをしていました。これからは一生福祉のお世話にならなければ生活できなくなりましたが、それにしても重度の障害者の場合は家族の負担は重いと感じています。本人のことももちろんですが、介護者の生活も普通にできるような制度にしてもらいたいと日々感じています。これからもどうぞよろしくお願いします。
福寿草
2013/03/24 22:38
 初めまして、うちは15年前交通事故で遷延性意識障害者になり、在宅10年になる息子です。漢方は身体にやさしいと言う思いがあり、時々使っています。しかし、漢方は時間をかけないとなかなか効果がわからず、今回ツムラ83番処方してもらいましたが、まだつかえません。体温の調整ができず毎朝38度の熱に、しっく八苦しています。ブログを読みチャレンジしてみようと思いました。効果のほうを又報告させていただきます。これからも情報発信宜しくお願いします。
しーさー
2013/08/08 14:40
しーさー様
漢方薬効くと良いですね。特に自律神経系には漢方薬が合っているように思います。漢方薬は長く服用しないと効果もわからないと言われますが、個人的な経験ですが効く処方は最初の1,2包でなんとなく手応えが感じられる気がします。ご健闘をお祈りします。
福寿草
2013/08/16 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0095] 漢方薬の効能 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる