テーマ:在宅介護

[0157] 在宅介護10年

1か月過ぎてしまいましたが、昨年12月で妻の在宅介護が始まって10年が過ぎました。10年前の2008年12月10日、それまで入院していたリハビリ病院を退院して妻の実家での在宅療養生活が始まりました。 病院に入院して治療を受けたいという気持ちと、在宅療養になって家族で一緒に暮らしたいという両方の思いがあり、葛藤もありましたが、医療制…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

[0123] 新しい訪問理容師さん

今日は新しい訪問理容師さんが来られてカットと顔そりをしてもらいました。これまでは近所の散髪屋さんが定休日の月曜の朝に来てくれて、入浴の前にあわせてやってくれていたのですが、少しお体の調子が良くないと言うことで、訪問でやってくれる理容師さんを探しました。ネットで静岡の訪問理容で検索すると「ジョイ・ナス」という訪問専門でやっているお店が見つ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

[0122] ニッサンNV200バネット・チェアキャブ納車

12月27日、ニッサンNV200バネット・チェアキャブ車いす2名仕様納車されました。以前の車の三菱タウンボックスのスロープ車からの買い換えです。タウンボックスも良かったのですが、軽自動車で非力なので高速走行が得意ではなかったのと、やっぱり室内が狭かったので、前から目をつけていたニッサンNV200に買い換えました。車いす2名仕様ですが、妻…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

[0120] 入浴時間の変更

12月になりました。2014年もあと1ヵ月弱になりました。早いものです。妻が在宅療養になったのが2008年の12月なので、今月で在宅になって丸6年になります。今月1日からこれまで月水金の午前9時40分からだった入浴時間を全て夕方の16時からに変更しました。(土曜日は午前に訪問リハがあるので、土曜日だけはもともと夕方です) 在宅介護…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

[0085] ホームエレベーター

約1ヶ月ぶりの更新になります。今回はホームエレベーターについてです。先日、ご質問をいただいたので、我が家のケースをもう少し詳しく紹介しておきます。 妻が在宅療養できる自宅の新築にあたっては、敷地の関係で居室スペースを2階に設置することになったため、ホームエレベーターが必要になりました。ハウスメーカーには設計の段階でリクライニング式…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[0073] TV出演

しばらく忙しくて、なかなかブログを更新できずにいました。今年になってからは月一のペースになってしまっていますのでもう少し頑張りたいと思います。 今回はテレビ出演のお知らせです。実は今日、テレビの取材を受けました。出演番組は、 『在宅介護~生活支援と医療の最前線』 放送局:BS-TBS(BS6チャンネル) 放送予定日:20…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

[0061] 採尿ロボットヒューマニー

新しい福祉機器がやってきました。その名も採尿“ロボット”ヒューマニーです。ロボットと名前がついていますが、見た目はロボットっぽくありません。小型の吸引器のように見えますが、販売元のユニチャームでは介護“ロボット”として売り出しているようです。ユニチャームの吸収体技術と日立のマイクロポンプ技術の融合で、オムツの尿を自動的に感知して吸引し、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

[0059] 出来事(家族会、地鎮祭)

今日は僕の所属している全国遷延性意識障害者・家族の会の第7回総会と勉強会があって東京まで行ってきました。そして、勉強会では僭越ながら在宅介護の体験発表をしてきました。全国会では年2回、大きな会合があるのですが、秋は著名な講師の先生をお招きして記念講演会になります。昨年から6月は総会と家族の体験発表という形式になっていまして、昨年も3名の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[0054] プロフィール2

3月25日…それは妻が心肺停止を起こして意識がなくなった日、5年前のその日の未明に妻の心臓は一時的に止まりました。それから5年が経ち… 「一生植物状態です」と言われて、医学的な評価はその通りかもしれませんが、当時は直に命が消えてしまうかもと覚悟していたことを考えると今の妻は見違えるほどに“回復”してくれています。その時は5年も生きられる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[0053] 大地震・大津波

昨日、三陸沖を震源とした大地震が起きました。地震のマグニチュードは8.8だそうで、これは明治の観測開始以来国内最大だそうです。つまり、今生きている日本人は初めて遭遇する大震災ということになります。死者・行方不明者は現在のところ1600人を超えるとのことで、大変なことになっています。地震が起きたときは静岡でも横揺れが結構大きく長く続きまし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

[0050] 介護休業

妻の介護のため今月まで3ヶ月間介護休業を取っていました。重度の障害者を在宅で介護していると、特に主たる生計者が介護者になっている場合は仕事と介護との両立は大変困難です。そこで仕事を休んで介護を行える介護休業という制度があるのですが、法律では育児介護休業法の中で、「労働者は、申し出ることにより、要介護状態にある対象家族1人につき、常時介護…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[0049] 胃瘻交換

今日は3ヶ月に一度の胃瘻交換の日でした。自宅から車で10分ほどのところにある総合病院へ妻を連れて行ってきました。冬は寒くてなかなか外出できないのですが、短時間ながら久々のドライブができました。胃瘻交換はいつも午後一なのですが、朝食は絶食になるのでエネルギー切れのようで妻はずっと眠っていました。交換処置も眠っているうちに終わったようです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[0047] 1日のスケジュール

2011年になりました。当ブログをごらんの皆様、新年あけましておめでとうございます。拙ブログですが本年もどうぞよろしくお願いいたします。妻が発症してから5回目のお正月です。在宅になってからは三回目になります。年末年始は在宅医療はお休みになってしまうので、訪問看護やリハ、診察等はありません。介護サービスは元旦と2日はお休みにしましたが、そ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

[0046] 家庭でできるバランスボールを使った音楽運動療法

「音楽運動療法」は大阪芸術大学教授の野田燎先生が開発されたメソッドで、意識障害者の五感を刺激して意識回復させるプログラムです。本当の音楽運動療法はピアノやサキソフォーンの生演奏(ここが肝心)に合わせてトランポリン上で上下運動を行うというかなり大掛かりなもので、現在はある特定の病院で行われています。 野田先生の音楽運動療法はこの世界…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

[0045] ブログ開設1年

お陰さまで、介護ブログ「遷延性意識障害の妻を支えて」を開設して1年が経ちました。重度の障がい者介護の生活について、また障がい者となった経緯についてブログでお伝えしたいと思い始めました。なかなか時間がなくて頻繁な更新は出来ませんでしたが、何とか1年続けることが出来ました。この間、色んな方から応援や共感のメッセージを頂いて励みになりました。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

[0044] やリましたーっ!!(ポータブルトイレで成功)

やリましたーーーっ!!(ドラゴンズ小田幸平選手風に) ついにやりました。ポータブルトイレでオシッコができました。 10月にポータブルトイレを購入して以来、チャレンジすること12回目にして成功です。これまでベッド上で尿器ではとても上手にできるようになってきて、実は昨日も1日5回の定時のオムツ交換時全て尿器でできて、パーフェクト賞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0042] ポータブルトイレにチャレンジ

[0039]の記事で報告しましたとおり、妻は尿器に自分の意志で排泄することはかなりできるようになってきました。定時のオムツ交換時にまだ排尿がなければ、高い確率で成功します。緊張が高いと体の自由がきかないみたいで出にくいですし、逆に眠たくなってしまうと出ちゃってしまっていることが多いです。先日行ってきた国際福祉機器展で見つけた新しい尿器が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0041] 訪問歯科

先日、訪問歯科を頼みました。虫歯を治療した詰め物が何かの拍子に取れてしまって、ぽっかり穴が開いてしまったので、治療が必要かどうか診てもらいたいということと、日頃の口腔ケアについてのメンテナンスをお願いしたいという目的で、訪問で治療してくれる歯医者さんをお願いすることにしました。まずは保健所に連絡するようにとのことでしたので、電話で症状を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0039] 1日48時間??

最近、妻の睡眠のリズムが少し変です。緊張の強い日があってその日は夜も眠れずに緊張が続き、明け方ようやく眠りにつき、翌朝から眠たいモードで一日過ごして、その晩は熟睡(爆睡)で朝までよく寝ます。そしてまた次の日は目が覚めてから緊張が始まって夜は眠らず、また翌日は24時間眠たい…と、つまり24時間覚醒していて24時間眠たいを繰り返しています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[0037] 夏を乗り切るために~エアコンマット

遷延性意識障害者は脳に障害を受けているため、体温調節の難しい方が多いです。自律神経の働きが悪くなっているのだと思いますが、特に夏の暑い時期は魔の季節で、筋緊張が高まって大汗をかく事があります。妻の場合も毎年、この時期は食後を中心に(それも夕食後が特に)筋緊張が高まりしっとりしてきます。ちょっと気がつかないでいると背中は大汗となってしまい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[0034] 排便コントロール

最近排便の状態がすこぶる調子良いです。以前は3日に一度、下剤でコントロールしていたのですが、ここしばらくは下剤が全く必要なく、ほぼ2日に1度、自然排便があります。最後に下剤を使ったのが6月12日の夜なので、かれこれ4週間になります。これは記録です!  最近ブログは排泄の話題が続いて申し訳ないのですが、それでも排泄は毎日のことだし、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

[0032] トイレ擬音装置を使った排泄訓練・続編

[0031]の続編です。 ついにやりました。トイレ擬音装置を使って尿器でオシッコができました! 昨日は訪問リハの日だったのでリハの先生に尿器の使い方や姿勢を教わって、その時は出なかったのですが、昼食後のオムツの時間に成功しました。ベッドを少し起こしてやると腹圧が利用できて出しやすいそうです。初めてのことでヘルパーさんとも大喜びし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0031] トイレ擬音装置を使った排泄訓練

遷延性意識障害の定義の中に「糞尿失禁状態である」というのがあります。妻の場合も発症以来ずっと全介助の寝たきりですので排泄は当然のようにオムツ管理です。病院にいるときも在宅になってからもオムツ交換の時間はだいたい決まっていて、食後1時間後とか、排尿が済んだ頃をみはからってオムツ交換を行っています。たまに出ていないことがあると、前にも入院中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0030] 座位保持装置「座ろうくん」

今回はいよいよ「座ろうくん」の紹介です。 「座ろうくん」は遷延性意識障害者などの普段は寝たきりの患者がリハビリを兼ねて、ひとりで座っていられる姿勢を保つための座位保持装置です。遷延性意識障害者のリハビリ関連では超有名な製品です。 テーブルと背もたれがついていて、ベッドで端座位をとり、ランドセルを背負う様に肩ベルトで固定します。背…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[0028] ガムを使った咀嚼・嚥下訓練

遷延性意識障害からの回復の中で、我々家族が最も望むことの一つは口から食べ物が食べられるようにしてやりたいということです。妻の場合は病院へ入院中にVFという嚥下造影の検査を何度か行ってもらい、訓練用のゼリー等であれば何とか飲み込めるのではないかという評価をもらったので、STの先生にゼリーを少しですが食べさせてもらうところから食べる訓練が始…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

[0023] オムツいろいろ

在宅介護で最も仕事の量・時間を占めるのはやはり排泄処理でしょうか。一日に何度もありますし、生きていく上で必ず必要なものですから。ということで、今回は在宅介護で使用しているオムツの話です。 妻が病院へ入院中は、大学病院等の大きな病院ではその病院の売店で販売されているオムツを使用していて、療養型病院では持ち込み不可のところが多かったの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

[0022] 自動体位変換エアマットレスと夜間介護

自動体位変換エアマットレスに関する書き込みがありましたので、今回のテーマはこのマットレスと夜間介護についてです。 妻は発症以来、長らく病院へ入院していました。昼間は家族が付き添っていましたが、夜間の看護は完全に病院に任せていました。在宅療養になるにあたっては遷延性意識障害者の場合は痰の吸引や体位変換、おむつ交換などで夜中も2時間お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0019] 我が家流口腔ケア

胃瘻管理で口から食べ物を摂取できない患者であっても口の中を清潔に保つ口腔ケアは大変重要です。重度の障害者にとって最も多い合併症の一つは肺炎ですが、口腔ケアを適切に行うことで肺炎は予防できるそうです。 妻が最初に運び込まれた急性期の病院では看護師さんが吸引器を使って通常の歯磨き粉で上手に歯を磨いてくれていました。途中から看護師さんの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[0016] 車いす用体重計

遷延性意識障害者は体の不調を自ら訴えることができないので、体調の変化をいち早く見つけるためにはまわりの介護者が注意して観察することが重要です。体の不調は顕著に体重減少として表れます。毎日の栄養管理にも体重測定はかかせません。妻の場合も発症初期の頃、高熱が出て(尿路感染の疑い)点滴治療になったり、また緊張が強く大汗をかいていましたのでカロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[0011] コルクボード

妻が意識が戻らなくなって3年9カ月が経ちますが、僕の中で元気だった頃の妻の記憶がだんだんと薄れてきているのは悲しいことですが事実です。夢の中に出てくる妻も今は寝たきりです。少し前までは普通に元気な妻の夢を見ていましたが、最近は夢の中で意識障害の妻が急にしゃべったり歩きだしたりして驚かされることがあります。 そんな幸せだった頃の記憶…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more