[0057] 重度障害者避難用の防災担架

3月11日の東日本大震災の直後なので防災について関心が高まっています。妻のような重度障害者は災害弱者にあたり、特に避難に関しては困難を伴います。先日、町内会からチラシが来て、津波警報が出た時は近くの福祉事業所の屋上へ避難するように書いてあったのですが、寝たきりの妻をどうやって避難させるかは大問題です。市の福祉担当の職員が応援に来てくれるわけでもなさそうですし、結局は家族が避難させることになるようです。
今は居室が1階なので車椅子でも避難できますが、近い将来はエレベーター付きの2階が居室になりますので、電気が止まった場合を想定して避難方法を考えておく必要があります。

車椅子ごと階段を下りるのは困難なので、避難用の担架のようなものがないか探してみたところありました。ワンタッチ式ベルトタンカ「ベルカ」シリーズに緊急時には一人でも担げる介護用(防災用)担架というのがあったので早速購入してみました。

介護用、防災用、入浴用と種類があって、それぞれ生地の材質が違います。防災用は難燃性の生地ですが重量も重かったのでそこまでは必要ないかなと思い介護用にしました。寸法は頭までカバーできる座位保持できない人用の160cmを選択しました。

商品到着後、早速妻を担いでみました。

通常は二人で担ぐようにできていて、しっかりした肩紐が付いているので介護者の体全体で支えることができます。ベッドから持ち上げる際はベッドが高いとやりにくいですし、方向転換も結構場所を取りますが、これなら階段があっても何とか妻を避難場所まで運んで行けそうです。介護者が女性でも問題なさそうです。

まずはベッド上で体の下へ敷き込みます。
画像


二人で担いだところ。肩ベルトは調節可能でもう少し短くした方がよさそうです。
画像


試しに一人でも担いでみましたが、さすがに妻の体重が肩に重くのしかかります。何とか数メートルは歩けましたが、避難場所まで運んでさらに屋上まで運ぶのは非力な僕の体力では無理そうでした。でも2階から1階まで階段を下りるくらいはできそうです。もっと筋トレをしてマッチョにならなければと痛感した次第です。備えあれば憂いなし、あらゆる事を想定して災害には備えたいものです。

一人で担いだところ。肩ベルトはクロスさせます。こちらも肩ベルトはもっと短くした方が楽になると思います。
画像


収納袋付きです。
画像


こちらで購入しました。

ワンタッチ式ベルトタンカ ベルカ 介護担架 (収納袋付) KB-160
ひのようじん
一人で担げます!!通常は2人で担ぎ 緊急時には1人で担げる担架です。収納袋付・交通弱者の方々の移動動


楽天市場 by ワンタッチ式ベルトタンカ ベルカ 介護担架 (収納袋付) KB-160 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

2011年05月11日 23:48
我が家は海のそばなので、津波がきたらどうしようか?と息子と話しました。
マンションのい1階なので、階段をのぼる必要があります。「車いすを持つ人とおんぶする人、ふたりは必要やね。」と言ったら、お父さんに大きな浮き輪をつけて、海面といっしょに登っていったらどう?(笑)なんて、言われてしまいました。タウン内には車を入れることができない特殊な地域なので、とにかく隣近所とは仲良くしておかねば・・・と思ったものです。
2011年05月13日 19:18
空様
空さんのところも海の近くですか。うちは約2kmくらいなので大津波が来たら浸かってしまう可能性はあります。災害はあまり考えたくはありませんが、それでもその時に備えてイメージトレーニングだけでもしておく必要があると感じています。夏の停電も心配です。せっかく助かった命ですから、大事にして何とか生き延びたいものです。

この記事へのトラックバック