遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0143] 投票できます!郵便等による不在者投票+代理記載制度

<<   作成日時 : 2017/03/21 22:45   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

成年被後見人の妻に選挙権が認められたことを過去のブログ“ [0102] 投票権復活”に書きましたが、また第三者の立会人に代筆をしてもらって投票ができたこともブログ“ [0125] 投票に行きました”に書いたとおりですが、これで毎回投票が出来ているかというとなかなかそうはいきません。気候の良いときでないと外へ出られませんし、雨降りもダメ、また投票所へ行っても妻の意思を立会人がうまく読み取れるかどうかについてもなかなか難しくて、妻が毎回投票することに対してのハードルはまだまだ高くそびえているように思えていました。特にコミュニケーションというところでは、僕が長年かかってようやくわずかな身体の動きで妻の意思表示を汲み取れるようになったのを、初対面の立会人が同じように出来るかというとそれは難しくて当たり前のように思えます。

ところが、もっと楽に確実に投票できる制度があることを家族会の方に教えていただいて、早速手続きをして今週末の市議会議員選挙の投票ができるようになりましたので報告したいと思います。

 総務省のホームページに出ていますが、両下肢の不自由な人は郵便等による不在者投票ができるという制度があります。あらかじめ障害者手帳を提示して届け出をしておけば、投票用紙が送られてきて自宅で記入して郵送で不在者投票ができるのです。これなら投票日が雨でも雪でも、暑くても寒くても投票所に行かなくて自宅で楽に投票が出来ます。さらに、両上肢にも障害があれば字を書くことが出来ないので、代理記載制度というのを使うことが出来ます。この二つの制度は組み合わせて使用可能で、妻のような四肢麻痺であれば両制度に当てはまりますので、自宅で僕が妻の意思をくみ取って代理記載により投票を行うことができるのです。身体障害者手帳が無くても介護保険の要介護5の認定でもいいみたいです(介護度5=自分では自由に身体が動かせない)。ただし、罰則があって代理記載人が選挙人の指示する候補者名を記載しなかった等の場合には、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処せられます。

 登録方法は、まず市(区)の選挙管理委員会に電話で郵便等による不在者投票+代理記載制度の利用をしたい旨連絡すると、必要な申請用紙類を送ってきてくれるので、必要事項を記入して区の選挙管理委員会に持参して提出するとすぐに郵便等投票証明書と投票用紙、速達の切手の貼った返信用封筒が同封されて送られてきました。代理記載人は夫である僕ですが、申請書には特に続柄を記載する欄は無くて、誰でもいいみたいです。住所と生年月日を記入するだけで身分証明書の提示も求められませんでした。

実際の投票は、投票人=妻の意思を代理記載人=夫が汲み取って投票用紙に候補者氏名を代理記載して専用の封筒に入れて封をして返信用封筒に入れて郵便(速達)で投函するだけです。第三者の立ち会いも必要ないのです。これならば100%投票が可能です。こんな良い制度があったなんて全く知りませんでした。総務省の宣伝不足か、それとも乱用を防ぐためにあまり大きくは案内していないのかわかりませんが、例えば身体障害者手帳が交付されたときに同時に手続きができるような仕組みにしておいてくれたらなと思います。そうすれば少しでも身体障害者になることへの抵抗が少なくなるのではないかと思います。

この郵便等投票証明書は7年間有効なので、選挙がある度に投票用紙の請求書が送られてくるので、住所、氏名、代理記載人の氏名を記入して返送するだけです。これでこの先ずっと投票ができそうです。やはり福祉のことを一番に考えてくれる候補者に投票したいという気持ちがずっとあります。今までよりも真剣に選挙公報を読むようになると思います。

制度の詳細は総務省のwebページをご覧下さい。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/touhyou/yuubin/yuubin01.html

妻の郵便等投票証明書です。
画像


裏面は代理記載人の氏名が書かれています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えぇ〜、知らなかったです。
ちょっと娘たちと相談して、検討してみたいと思います。
まだ主人の意志が、わたしの感じとるところで合っているのか自信がないので…😅

Tomoko
2017/03/27 23:36
Tomokoさま
代理記載人というのは特に親族に限るとかの規定は無いようです。手続きは最初の1回だけ市の選挙管理委員会へ出向く必要がありますが、1度手続きをしたらあとは郵便でOKなので楽ちんです。福祉を利用している者としてやはり投票を棄権しなくても良いというのは大切な事だと思います。ぜひオススメします。
福寿草
2017/04/02 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0143] 投票できます!郵便等による不在者投票+代理記載制度 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる