遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0129] 発症2ヵ月頃の様子(動画)

<<   作成日時 : 2015/07/12 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「ハートネットTV」の取材の中で、入院最初の頃に撮ったビデオを復活させることができました。発症2ヵ月頃のまだ一番始めに入院した横浜の病院での様子を撮った物ですが、当時はまだ現実を受け止めきれずにいて、とても写真やビデオを撮る気にはなれなかったのですが、セカンドオピニオンの診察用に妻の今の状態を医師に診てもらう必要があって入院以降初めて撮った物です。このブログでは「[0029] 経緯(その9)」の頃の様子です。しかし、当時主流だったMiniDVというビデオテープだったので、もう何年も前に機械が壊れて、再生できるデッキもなく見られなくなっていたのですが、NHKで動画ファイルに変換してくれ、見ることができるようになりました。

動画の一部をアップします。


主に意識レベルがどうなのかという視点で撮った物です。もう点滴は全部取れて酸素吸入もなくなって、栄養は経鼻からの経管栄養です。熱はずっと38度弱ありました。脳の治療は特には無くて、次の病院への転院を待っている時でした。ずっと緊張が強かったイメージがありましたが特に眠たい時は意外に腕なんかもゆるいですね。まだ尖足もありません。でも顔はどう見ても別人で、すっかりやせていて今より10kgは体重が少ないですし、動画の後半にあるように時折、口を大きく開けて緊張が高まることがあって、そんな場面は辛くて直視できない状態でした。毎日朝7時前には病院へ通っていましたが、今日はどんなだろうかといつも心配で、病室へ入るのが怖かったのを覚えています。

この頃は意識はもうあったのだろうか、呼びかけても反応はないように見えるけど、昏睡からは脱して、睡眠と覚醒のリズムはあったので、おそらくもう周りのことはわかっていたのではないかと思います。もうじきパッと意識が戻って元の普通の生活に戻れると思っていたので、あえて辛い様子を残しておくこともないと思っていました。良くなったらこのことは無かったことにして自分の記憶の中から消し去りたいと思っていました。

あれから9年が経ち、ずいぶん回復したなと思います。回復を実感できるのもビデオで比較ができたからであり、今となっては記録しておいて良かったと思います。現代はスマートフォンで高画質の動画がいつでも簡単に撮れる時代なので、もっと気楽に撮れるんじゃないかと思います。ちなみにこのビデオ以降で初めてデジカメで写真を撮ったのは発症6ヵ月後に藤田保健衛生大へ行った時のことでした。こんな記録を見て懐かしがることができるようになったのも今の生活が穏やかな日々になっているからだと思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Eテレ拝見しました。もっともっとみたいです。奥様はモグモグすごいですね。たんの吸引もないしちゃんと飲み込んでいるんですね。それは本当にすごいことです。主人は飲み込む事を忘れたみたいでSTさんにも週1で入ってもらってますがまだまだ難しく、吸引がなくなったらすごく楽になりそうです。奥様のベットでシーツのようにひいてあるのか頭の両サイド手すりのワッカがついてるのが見えたのですがあれは体を上に上げる時に使うものですか?教えて下さい。在宅になって初めての夏です。腕がくのジになっている内側にあせもが出来てしまいびっくりです。よろしくお願いします
ひかり
2015/07/12 22:54
ハートネットTV見せていただきました。

奥さんは、笑ったり泣いたり、お話ししたいことが、きっとたくさんあって、、、だと思いますが、口をたくさん動かしているし、ご飯を見たら、モグモグしてるし、すごいですね(^-^)

ついこの間まで知り合いじゃなかったのに、、、なんだか嬉しくなってしまいました(^-^)

そうなんですね。
この動画、口を大きく開けている時は緊張が高まってる時なんですね。

目も、びっくりしたみたいになってますね。

しんどかったのかなあ。
見てると、泣きそうになっちゃいます。
Hina
2015/07/13 00:40
ひかり様
撮影はたくさんしてもらったのですが、放送時間は限られているので日常の一コマに集約されていました。妻もモグモグとゴックンは良くできるのですが、送り込みができないのでなかなか食べるまでにはいかないです。
でも10年以上経って急に食べられるようになった方もいますのでますが廃用にならないようにあきらめずに頑張っていこうと思います。
ベッドに敷いていたのは介護用リフトのスリングシートです。うちでは竹虎のリフトを使っています。ヘルパーさんのいるうちに敷いておいて、その後で車いす移乗します。メッシュなので涼しくて敷いていても気になりません。
腕のクッションですがうちでは日本エンゼルのふっくらクッション(脇下用)を使っています。中がビーズなので通気性が良くずっと挟んでいてもOKです。ご参考まで。
http://item.rakuten.co.jp/athlete-med/10001156/
福寿草
2015/07/14 21:27
Hina様
ハートネットTV見ていただきありがとうございます。10人いたら10通りの介護があるという感じでそれぞれの生活の一部が見ていただけたと思います。とにかく遷延性意識障害者=植物状態の人はどんな暮らしをしているのだろう、と言うところを少しでも知っていただけたらと思って取材に応じました。遷延性意識障害者への理解が深まれば、尊厳死の対象になんかできないと思っていただけると思います。
ありがとうございます。
福寿草
2015/07/14 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0129] 発症2ヵ月頃の様子(動画) 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる