遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0127] ポータブルスプリングバランサーを用いた書字訓練

<<   作成日時 : 2015/05/06 15:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

わずかな力でも自身の腕を動かすことのできる福祉装具の「ポータブルスプリングバランサー」、約2年前にレンタルして使い始め、約1年前には福祉用具として購入でき、妻とのコミュニケーションを確立するため書く訓練を続けています。この連休中も自主トレをがんばっています。相変わらず、「横線」「縦線」の訓練が中心ですが、はじめはできない日も多かったので、本当にこちらの言葉を理解して書いているかどうか半信半疑でもあったのですが、ここ何ヶ月かは僕自身も“半疑”は全く無くなって、確実に妻の“意思”を確認できるようになっています。特に「横線」「縦線」は見た目にもわかりやすいので、眠気さえなければ100%の確度で言う通りに書くことができます。最新の動画をアップします。客観的に見ても意識のある人と思ってもらえると思います。


You Tube 直リンクはこちら↓です。
https://youtu.be/e5v--_xJyPI

他にも線は「上」や「左」は難しいのですが、頑張って書こうとする意思が見られます。微妙な動きはできないので、カーブはうまくかけません。でも「縦」「横」で質問に答えて会話することもできているような気がします。眠たい時はダメで反応が鈍く、緊張の強い日も不随意運動が強くてうまく書けませんが、これがわかってからは、眠気のない日に訓練をするようにして、また最近は緊張も強い日がなくなってきて、「精度」が高まっています。

不随意運動に関してですが、注意深く観察していると手や足を10〜15秒間隔で定期的に動かしていることがわかります。これは意思とは関係ない運動で、いわゆる不随意運動と考えられているものだと思いますが、「ポータブルスプリングバランサー」を使ってペンを動かすのもだいたい10〜15秒間隔なのです。ということはこの不随意運動を利用して、その中に意思のある動きをしているのではないかと想像できます。不随意運動はエラー信号も含めて、脳からの信号が末梢へ伝わっている時だと解釈すると、その時は意思も伝えられると考えて不思議ではないと思います。これは僕の解釈です。

遷延性意識障害と思われていた人が指談で会話ができるようになったという事例が白雪姫プロジェクトを中心にたくさん出てきています。妻の事例を考えると全く不思議なことではありません。僕が思うに、身体の一部の筋肉をわずかでも動かすことは非常に脳のエネルギーを必要とするので、脳の障害が少しでもあると見た目には植物状態と思われてしまうのですが、心の中で話したり思ったりということは実はできているのだと思います。ただ、画像診断や脳活動の測定等、現代の医学・科学でそれを客観的にとらえることができていないというだけのことで、24時間接している家族には確実に伝わっています。たとえ脳の血流が半分くらいであっても心の中は普通に活動できているのだと思います。初期の昏睡状態を脱却して覚醒(開眼)と睡眠のリズムが出てきた時には意識は回復していると思います。僕はこの「ポータブルスプリングバランサー」のおかげで確信が持てました。指談ができるようになればもっと複雑な“会話”ができるようになると思っていますし、既に妻にはその能力はあると信じています。

今の医療は植物状態と診断されるとそれ以上は意識があるかどうか調べることはしてくれなくなります。重い後遺症が残って意識回復は見込めません、リハビリも必要ありません、患者はなにもわかっていないです、これが現代の日本の医療です。国立循環器病研究センター研究所の柳本広二先生の論文「意識障害の成因と神経系脱分極現象、洛和会病院医学雑誌、25、23-38、2014」では、はじめの昏睡状態を脱して、覚醒と睡眠のリズムのある状態になれば意識はあると考えています。本人は必死にサインを送っています。家族はそのサインを必死に探しています。でも科学立国ニッポンの最新のサイエンステクノロジーを使えば意識を取り出すことなどたやすくできると思います。もっと医療が積極的に助けてくれたらと願うばかりです。

昨日は静岡市の城北公園へ移動支援を利用して出かけてきました。なんじゃもんじゃの木(モクセイ科ヒトツバタゴ)の白い花がちょうど見頃でした。ちょうど良い気温で、気持ちよく散歩ができました。
画像


ポータブルスプリングバランサー(ハニーインターナショナル社)
http://www.hny.co.jp/hp3/index.html

白雪姫プロジェクト
http://shirayukihime-project.net/

柳本広二先生の論文(解説版)
http://shirayukihime-project.net/hiroji-yanamoto.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
お久しぶりです。
奥様と意思疎通ができるようになって、良かったですね。
やはり本人の意識がある!と分かってもらうことが、どんなに希望に繋がることかと思います。
これから、楽しみにしています。

2015/05/06 20:16
素晴らしい動画をありがとうございます!
奥様が 一生懸命線を描こうとしている様子が伝わって来ました。
ちょっとの動きにきっとすごいエネルギーを使っているのでしょうね。
下から上への縦線には驚きました。
やはり意識はありますよね! 私もいつも感じています。
筋緊張でハァハァ言ってる母に、医大の 脳神経のドクターですら、「本人はしんどいかどうか認識してないかも」と言われたことがあります。
でも先日、つらそうな表情をする母に「どこか痛いの?」と、お腹、背中、首と順番にゆっくり聞いていったら、「頭痛い?」の所で舌を出しました。
再度聞くと即舌を出しました。
これは何とかしてあげないと…と看護師さんにありのままを伝えました。
信じてくれるか不安でしたが、ちょうど発熱用の座薬 があったのでそれを入れてくれました。
翌日別の看護師さんから「昨日頭痛で座薬使ったから…」と普通に話されて、なんか本当に嬉しかったんです。
人間として認められたみたいで。
去年の4月に母が低酸素脳症になってからずっと福寿草さんのブログを参考にさせて頂いてます。
いつもいつも勇気をもらっています。
奥様は素晴らしいです。私も母が舌を出して返事をしてくれたら、福寿草さんと同じように頭をなでます。
また明日も母とコミュニケーションしようと思います。
ハンバーグ
2015/05/06 21:52
空さま
まだまだこの程度で字はうまく書けないのですが、少しはコミュニケーションになってきています。こちらもコツをつかんできました。もっと進化しますよ。
福寿草
2015/05/08 22:02
ハンバーグ様
人それぞれどこが動かせるのか様々だと思います。よく瞬きや眼球の動きが使われますが、脳の障害がそれぞれ違うのでハンバーグさんのお母様も舌で意思表示できることに気づかれたことはすごいことだと思います。それは本当に家族にしかできない気づきです。字も書けるような気がします。
妻も頭をなでると安心するみたいです。ご褒美の一つです。
福寿草
2015/05/08 22:07
奥様の表情が格段に良くなられていてビックリです。
これなら、選挙もできるはずと納得しました。
縦線・横線もすごい!!!
ご家族の愛情と努力が少しずつ、確実に実を結んでいく様子に勇気づけられました。
tomoko
2015/05/14 09:48
tomoko様
ありがとうございます。書く練習の時は手元ばかり見ているので、そう言われてあらためて映像を見ると確かに妻が真剣な顔をして書いていることに気づきます。皆さんに指摘されて気がつきました。
今度は妻の顔を起こして手元が見られるようにしてやればもっと書きやすいかなと思っています。色々試しながら前進したいと思います。
福寿草
2015/05/15 21:53
表情からも、明らかに線を引く動作をされておられますね♪
投票に行かれた事も含め、本当におめでとうございます。
うちの息子が事故後1年2ヶ月ぶりに家に帰って来ました。その際こちらのブログが大変参考になり、感謝しております。
まさ
2015/06/09 06:12
まさ様
息子さんご退院なさって在宅療養になられたとのことで良かったです。
病院の良さもありますがやはり家族と24時間一緒にいる方がご本人も安心されると思います。妻も在宅になってからの方が調子よくなりました。
時には息抜きも必要なので、これから無理せずご本人のペースで進んでいかれたらと思います。
福寿草
2015/06/14 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0127] ポータブルスプリングバランサーを用いた書字訓練 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる