遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0112] 頻脈発作

<<   作成日時 : 2014/03/07 22:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

1月30日に「退院しました」のブログを書いて1ヶ月ちょっとなのですが、もう一週間前になりますが妻がまた発作を起こしました。脈が異常に速くなるので頻脈発作と言うらしいのですが、今回は午前中のお風呂の最中に始まったようで、前回と同様に顔が赤くなってハーハーゼーゼー呼吸が浅く速くなって脈が180を超える状態になりました。僕は仕事へ行っていたのですが連絡を受けてすぐに帰宅しました。1月23日の夕食後に起こったのと全く同じ状況で、発作のせいで表情がなくなり顔は別人のようになっていました。とにかくこれだけ脈が速いと心臓にも負担がかかるし、呼吸が異常でこのままでは止まってしまうのではないかと心配な状況でした。今回は熱も少しあって汗もかいていました。

家族会の知り合いで、妻の前回の症状と似たような発作をおこされる方がいて、発作の時はジアゼパムという薬を使うと良いと聞いていたので、座薬のダイアップが出してもらえないか主治医に聞いてみましたが、神経系の薬は専門外とのことですぐには対応できず、またまた救急車の要請となりました。

救急の処置室に着いて検査が始まりました。前回は原因不明でほとんど何も治療はできなかったのですが、今回はジアゼパムのことを担当の医師に話したところ、すぐにセルシンの点滴をしてくれて、発作は見事に治まったようでした。呼ばれて処置室へ行くと妻は既に目がトロンとなってすっかり眠たそうになっていました。まだ脈が130くらいから下がらないのと発熱もあったので、解熱剤を投与してもう少し様子を見るということになりました。1月に入院した時の担当医も下りてきてくれて一緒に診てくれました。

頻脈と発熱は相関がありそうですが、発熱はどうも熱中枢の暴走のせいで、感染や炎症によるものではないと言うことは明らかでした。12時前に病院へ搬送されて、4時間ぐらい経ってようやく熱も下がってきたので、そろそろ帰ろうかと言っていたところ、また脈が速くなって目も見開くようになってきました。再度セルシンを注射してもらいましたが、今度は筋注だったせいか、さっきの点滴よりは効きが弱かったのですが、時間が経つとまた落ち着いて来ました。セルシンが効いたのでやっぱり痙攣の発作のようです。これまで痙攣とは無縁だったので、これから頻繁に痙攣が起こるようになるとやっかいなことになります。なぜ痙攣が起こるようになったか原因はわからないままでした。

ひとつには脳の状態が変化してきていることはあるような気がします。良い方向なのか悪い方向なのかはわかりませんが、セレブシロップ(バルプロ酸)という痙攣止めの薬が肝臓に悪いのでどんどん減薬してきて今は1/6になっているのも原因のひとつかと思われるので、しばらく入院して薬の調節をするか、また発作が起こることを覚悟で帰宅するか迷いましたが、入院となると最低でも一週間はかかりますので、やはり家で過ごした方が妻にとっても快適だと思って、発作が治まったところで入院はせずに帰宅することにしました。でも今回はセルシンの点滴が効くことがわかったし、発作が起こった時に服用する薬ももらって来られたので、今回は病院へ行った甲斐がありました。帰宅したのは夕方の6時過ぎでした。6時間あまりずっとストレッチャーに寝かされたままだったので、帰ってオムツ交換したらお尻が少し赤くなっていて、褥瘡のできる寸前でした。救急病院ではこういったところはあまり気にかけないようでした。

もらってきた薬ですが座薬にするか錠剤にするか迷いましたが、座薬は量が多いとのことでとりあえずホリゾン錠をもらってきました。また発作が起こった時には試すことになりますが、果たして効くかどうか、でも、もし効かなかったらまた救急車で来て下さいと病院からは言ってもらえたのでそこは安心しています。

それから一週間が経ちましたが、妻は何事もなかったかのように落ち着いた日々を過ごしています。前兆としてあったのは前日の夜と前々日の夜2晩続けて良く眠ったことと、寝起きにいつもよりか緊張が強い感じがしたこと、それからオシッコが出なくなること、これはこの2回の救急搬送時の共通した予兆です。ではなぜそれで頻脈発作がおこるかという直接の原因はまだよくわかりません。自律神経系の異常であることは間違いないのですが、逆流性食道炎もまだ完全にはなくなっていないし、今年になって生理が来なくなって更年期に突入したのかも知れないし、急に気温が上がったりといった気候のせいかもしれないし、原因が無くならない限りはまた再発の可能性があります。しばらくは慎重な経過観察が必要です。今年は春の介護旅行は取りやめになりそうです。もちろん、これ以上発作が起きないのが一番良いのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
福寿草様こんにちは。
介護用品の座ろう君をネットで調べていたらこちらのブログを見つけ、拝読させていただいております。
奥様の様子が安定したようでよかったです。

私は自宅で療養している寝たきりの家族の介護をしています。
ヒューマニーや胃瘻のところなど家でも使っているので「うんうん」と思いながら読んでしまいました。
まだ63歳なので、なんとかもっと良くしてあげたいといろいろ考えています。
自分で座位をとれることを目標にしているため、座ろう君が気になっています。
これからも福寿草様のブログで勉強させていただきたいと思ってます。
季節の変わり目ですが、奥様と福寿草様お二人とも体調には気を付けてください。
白うさぎ
2014/03/08 16:59
白うさぎ様

はじめまして
できる事は何でもチャレンジと思ってやっていますので、役に立たないこともあるかもしれません。でも座ろうくんは一番よく使っています。端座位が楽にできます。車椅子と違って背中が90度で座ると頭もしゃきっとするような気がします。低床式ベッドだと座ろうくんの足とベッドが干渉する可能性もあるので注意が必要です。一度レンタルでお試しができるといいのですが。
お陰様で妻はこの発作以降は調子よく過ごせています。これから温かくなったり寒さが戻ったりしますので体調には注意しますね。
これからもよろしくお願いします。
福寿草
2014/03/13 21:56
福寿草様
 奥様安定されたようでよかったです。
 私の主人もやはり中枢神経の異常からくる
 症状がみられるます。
 倒れてから毎日、すごい汗をかいています。
 すごく寒い日なのに、窓を開けたりして室温
 を下げています。それでも汗は全身にかいて
 います。
 そにため、一日に何度もパジャマを着替えな
 ければなりません。きっと体温調整がうまく
 できていないんでしょうね。
 あと、まだ自力で尿ができません。できるよ
 うになるか心配です。
 でも、最近ではじゃんけんができたり、ボー ルをうけて投げたりできるようになりまし
 た。こんなささいなことですが、すごくうれ
 しくてしかたがないです。
 主人が倒れてから、生活だけでなく、私もか
 わりました。また・・・・。
 
 
ミルミル
2014/03/14 03:43
ミルミル様
ウチの妻もはじめの頃は大汗をかいていましたが、在宅になっていつの頃からか汗をかくことはなくなりました。今でも体温は常時37度ちょっとあります。体温は高めの方が抵抗力は強くなるので低体温よりは良いみたいです。
それにしてもじゃんけんやキャッチボールができるということはすごいことです。これからどんどんできる事が増えてくると思います。良い報告をお待ちしています。
福寿草
2014/03/16 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0112] 頻脈発作 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる