遷延性意識障害の妻を支えて

アクセスカウンタ

人気ブログランキングへ

zoom RSS [0108] 確信

<<   作成日時 : 2014/01/01 22:15   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

書く練習をしています。

遷延性意識障害なのに字なんか書けるんですか、と言われるかも知れませんが、以前にこのブログでもお知らせした通り、ポータブルスプリングバランサー(PSB)という福祉用具で腕を吊ってわずかな力でも手が使えるようにしてペンを持って書く練習をしています。

きっかけは國學院大學の柴田先生によって多くの重度障がい者が実は言葉を持っていて、介護者の補助によって筆談ができることがわかってきたという報告ですが、妻もペンを持たせたら頭が働き出すのではないか、介護者が補助してでも書く動作というものが脳への刺激になるのでは、という思いもあって訓練を始めました。

PBSはインターネットで見つけて、メーカーに直接お試し機器を借りました。初めは半信半疑でしたが、PBSで腕を吊って軽い力でペンを動かせるようになると、介護者が手を持って書いた時には全然わからなかったわずかな力を拾うことができて、何かを書くことができる事がわかりました。

それは不随意運動じゃないかと言われるかも知れませんが、書くことを指示してみると、明らかにそれにしたがってペンを動かすことがあることに気づきました。例えば、最近重点的に練習しているのは、「横線を書いて下さい」「縦線を書いて下さい」というシンプルな図形を書く練習です。

うまくできる時と全くできない時がありますが、うまくできる時には「横線を書いて下さい」と指示すると、スッと横線を書きます。そして、「縦線を書いて下さい」と指示すると横線の時とは明らかに違う縦の動きが出ます。試しに「○を書いて下さい」とか「フリーハンドで書いて下さい」と言うと、また違う動きになります。何度やっても再現性があります。

そこで、この縦線横線を使って簡単な会話を試みています。今のルールは、「はい(Yes)」は横線を書く、「いいえ(No)」はペンをとめるということにしています。「ベッドに戻りたいですか」「散歩に行きたいですか」「暑いですか」「寒いですか」「お腹はいっぱいですか」「オシッコ出そうですか」など、正解は本人しか知らないことなので合っているかどうかわかりませんが、会話を成立させることができています。

僕は妻には初めから意識があると信じていましたが、この書く練習を始めてからそれが「確信」に変わりました。

確かに妻は僕の言うことを理解して、その指示に必死に従おうとペンを動かしています。何度も何度も練習してやっと線が引けるだけのレベルですが(たまに○も書けます)、やっぱりちゃんとわかっているなと思えます。ひいき目に見てしまっているのかも知れませんが、毎日接している家族が感じた「勘」みたいなものは意外と当たっているものだと思います。

ひとつわからないのは全然できない日もあることです。眠たい日は反応が鈍いことは理解できるのですが、脳血流が日によって違うのか、本人のやる気が日によって違うのか、それとも本人がわざと怠けているのか、こればっかりは良くわかりません。でもすごく良くできる日もあることも事実です。尿器で排尿を促す時もそうなのですが、これもまた良くできる日と全くできない日があります。とにかく、PSBでの書く練習を頑張って何とか簡単な字が書けるようになってくれたらなと思っています。

さて、今日は元旦、穏やかな正月を迎えています。いつもは暮れに妻と一緒におせちを作るのが恒例になっていました。おせちの買い出しもまた楽しみのひとつでもありました。それも八年前の正月が最後になっています。もう八年も前のことなんだなぁとしみじみ思います。

今年は妻が遷延性意識障害になって八回目の正月になります。一年目はDCS手術を1ヶ月後に控えて愛知県の病院に入院中でした。病院で迎える正月も初めての経験でした。二年目はリハビリ病院に入院中で、そこには家族の泊まれる部屋があって病院に泊まって新年を迎えました。元旦に他の部屋でノロウイルスが出て看護師さんがてんやわんやでした。三年目は在宅になってようやく病院じゃない正月を迎えられました。そして、六年目は自宅を新築し、新居で迎える正月でした。そして今年は八回目の穏やかな正月です。

いつまでこの生活が続くのか、全く先は読めないですが、来年の年賀状には何か妻の書いた文字を載せられたらなと思って、目標にして頑張っていきたいと思います。

ポータブルスプリングバランサーで書く能力を引き出します。本当に良くできた機械です。
http://www.hny.co.jp/hp3/index.html
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
新年おめでとうございます
穏やかなお正月のようでなによりです
私も意識あると思いますよ
写真の撮り方かなぁ〜とも思っていたのですが、年々目力みたいなものをブログの写真からでも感じられるので
それにしても、福ちゃんの探究心には本当に頭がさがります
今年も二人で素敵な時間を過ごしてくださいね
寒い季節ですのでくれぐれも身体には気をつけて邪気が入りませんように
ばたこ
2014/01/05 13:01
ばたこ様
新年早々に温かいコメントをありがとうございます。最近は気のせいか発語にも何か意味があるのではと思えるようになっています。まだまだ研究途中です。
ばたこさんのお店のブログにもたどり着きました。今は外出も自由にできない日々ですが、いつか自由人になれたら行ってみたいと思っています。
福寿草
2014/01/06 22:52
昨年一度お電話させていただいた、富山県で55歳の母を介護している者です!
このブログを何度も拝見させていただいているのですが、今回の内容に涙が止まらずコメントしてしまいました‼私も母に文字を書かせようとペンを握らせる毎日ですが、上手く行かず心が折れかけていました(>_<)でも、あきらめずに頑張りたいと思います‼本当におめでとうございます、これからも応援してます(^_^)v
ろみ
2014/01/17 01:11
あけましおめでとうございます。今年も良いことからの、スタートでよかったですね!私も去年は息子を馬に乗せたら首をしっかり持ちあげました、今年は馬年前を向きしっかり前を向き、お互い駆けて行きましょう。
シーサー
2014/01/17 17:41
ろみ様
ご自身も大変なところ、応援のコメントをありがとうございます。こちらこそ励みになります。脳に大きなダメージを負うと、ペンで書くと言うことは大変な労力を要するようです。妻の場合は少し書いただけで眠たくなることが多いので、脳は疲労が激しいみたいです。いつもできるとは限りませんが、できる時を探して練習すると良い感じです。文字を再び書けるようになる日が来るよう一緒に頑張りましょう。
福寿草
2014/01/19 20:00
シーサー様
こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いします。馬に乗るリハビリがあるのでしょうか。一時、乗馬様のダイエットマシンがはやりましたが、バランスボールトレーニングのように平衡感覚訓練は意識の向上に良いかも知れません。
福寿草
2014/01/19 20:02
ああ、よかったですね。
これからたくさんの感動をいただけることと思います。
ウチの夫もね、最初に文字を書いたのは、金沢でかっこちゃんに出会った時、マジックを持たせてもらったら「やまもとさん」と、書いたのです。その後滑舌が悪くて、何をいっているのか解らない時、文字をかいてもらったのですが、今はね、逆に書けないんですよ・・・
不思議なんですが、力が入りすぎで文字にならないんです。けれど、またいつ書けるようになるかなあ・・・と、長い目で見ることにしています。

2014/01/22 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

オススメ書籍

僕のうしろに道はできる
三五館
紙屋 克子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕のうしろに道はできる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
生きている: 「植物状態」を超えて
日本評論社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きている: 「植物状態」を超えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界
オクムラ書店
柴田 保之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな言葉を持っていた―障害の重い人たちの心の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[0108] 確信 遷延性意識障害の妻を支えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる